仕事を変えた際には、高い確率で前の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。

職を変えた際には、高確率で前職での記憶は美化されます。

職を変えた場合には、高確率でそれまでの仕事の美化されます。実を言えば現在の職に問題があるから、そういった思いを解決するべく思い切って再就職したはずにもかかわらず、いつの間にかなぜか転職した会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と感じるのです。それというのも極めて自然なことで、前職では仕事をこなすことに慣れていてきちんとやるべき仕事もこなせていたのが、もっとも理由にあるでしょう。とはいえ「どうして退職したのか」と心底後悔するほど、前職の方が職場環境や人間関係が良いケースも考えられます。

全く経験したことのない業種とかに転身を考えるときには、…

経験のない分野などに転業したい場合には、自分の以前の仕事で養われた能力や経験したことを発揮できるという内容の自己アピールが必要です。そのジャンルの未経験者は未経験の分だけその業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、不利になりますけど、自分自身の持っているスキルがそのジャンルでも十分に生かせるということをしっかりと相手に言えば、戦えることも考えられます。したがって、経験のない分野に挑戦するときには、その業界とこれまでに自分がしてきた職務とのつながりを探し出してみましょう。