現在では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは…

ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、…

ここ最近は、株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得たり、個人経営 といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあり、「自営業は不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている最中には、将来的に不安定な株式投資・個人事業より会社勤めの方が大いに将来が安定していて、人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認識されてはいました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」などと言い表されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

転職の面接でだいたい聞きだされることが辞めた原因なわけです…

転職をする場合でほぼ確実に尋ねられることが会社を辞職したのかという話ですが、この質問が出た際には話題を辞めた会社のことにしない方が最善です。会社を退職した理由を的にしてしまうとどうしても悪い印象を与える要素を取り込んだ話の内容になってしまいます。このことを上手く話すには、なぜ以前働いていた会社を辞めたかという点をこの会社に絶対に入社したかった理由があるといった話にするべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社に焦点を当てるべきなのです。その会社の内容であればマイナス面を消し好印象の前の職場を去った理由にすることができます。