転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意していただきた…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に…

  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしていただきたい点が何点かあります。派遣に対して、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった仕事をなんとなく想像してしまう人が多々ありますよね。私自身もかつてはそう思っていました。今、働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。でも、実際に仕事に就くと、まさか「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、やってくれと言われました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、求人表だけでは、困っています。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。
  • 今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。けれども、働きつつ求人案件案件を調べながら応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて消耗が激しいです。現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、そのまま書類選考が通り、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。