今現在のあなたの仕事や勤め先に関して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。

現在の職場や仕事に対する不満に思っていることの中に、…

  • 現在の自身の職場や仕事内容に対して、不服に感じていることの中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してくれない」ゆえに、「給料は平行線だし、昇格の見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自分の本当の才能を実際よりも過大評価していることが多かったりします。過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と転職するまでに長い時間がかかると言う事に陥りがちです。という事態に陥りがちです。再就職を効率的にしていくためにも、自身のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

    失業によって得られる失業保険は、失業のあいだが給付条件です・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、「期間」が定められています。失業時までに勤務していた期間に応じて変動し、90日とか120日とかが決まるのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。期間の制限ががないと思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから大急ぎで職探しをしても好条件のところを探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。相手によっては、面接の時にそのような質問を食らう可能性もあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて難しくなります。