実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることが条件になります。

実際に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることの証明が必要になりますが・・

きちんと失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。とはいえ、実際は「会社から解放されたし、少しの間でものんびりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。ちゃんと次の仕事先を探しているように見せる方法は、あります。月一回のハローワーク職員との面談は避けようがありませんが、その場で求人票を見ることは必ず行わなければいけません。実際には探したくないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談時、「自分がやっていけそうな仕事が残念ながら見当たりませんでした」と言って、次に期待しましょう。

転職なら、もちろん仕事におけるやりがいのアップと共…

転職先を決めるとき、当然仕事のやりがいアップと一緒にそれに加えて年収のアップも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」に登録して事前に調べています。全く一緒の会社でそして一緒の職種、社歴であるのにすごく人によって幅がある場合も多くあって、正直なところ面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人物も誰だろうとそこそこは予想がついてるんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。