転職のために現在勤務している会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけません…

転職を目前にしているなら、今勤務している会社を退社する…

  • 転職する際、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮に自分からすすんで退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして辞めた次の日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則をわかっていない人が、手続きに不手際があると勘違いしてその結果ハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてからすぐに失業保険が給付されます。

  • もっと良い会社の社員になりたいと転職をする活動をする…

  • 新しい会社の社員になりたいと転職を希望する場合は「少しでもはやく内定が手にしたい」と思っているはずです。しかし、そういう気持ちで採用通知ほしさのあまり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは対称的に自分を過小評価にしかならない言動は出来るだけ止めておきましょう。そうではなくて、焦る感情にガマンして、冷静に、そして客観的に、自分の能力にあった職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を選択してみましょう。