最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな…

  • 近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰化の流れが続いていますが、完全には程遠いといえます。したがって、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、怪しい点について聞いてみましょう。「ブラック企業」の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になります。とりわけ「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せる場合が多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 再就職の際の面接は、小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となります…

  • 再就職時の採用面接では、中小企業だったら概ねは人事担当者ですが、別の場合もあります。実際、今後仕事をすることになる現場の担当者、言い換えれば管理職クラスである部長や課長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。また事務・営業といった部署に転職する場合は、資格を通じた見極めが難しいので、堂々と自分をアピールしていくことがとても大事です。面接担当者たちから「この男はハッキリ主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。