転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

転職候補先の見学は、とても参考になります。

  • 転職候補先で見学などがあると良い勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社見学は、スキルを近い距離で見られるので楽しくなります。が、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、実際の働き方を見せてくれないのが特徴です。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどのジャンルです。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社してみないと、実際の姿は伺えないものです。ですから、会社見学で見たものを仕事内容だと決めつけないことが無難です。さらに、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、正直言って、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない段階では仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障などありません。進められてもやんわりと断りましょう。

    転職時は、様々な経路で情報を得るのが通常だと思います…

  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の「口コミサイト」を利用しない手はありません。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる視点から見ると、投稿の内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかしながら、本当は『クロ』で「このままではマズイと思い、はやく炎上をしずめよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけトラブルに遭遇する確率が高い、と考えてもいいと思います。そもそも、本当に善良な企業であればトラブルは起こりません。