日本には古来より”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

昔から日本には”石の上にも3年”という諺もあります…

  • 「石の上にも三年」という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、転職というのはとても身近なものになってきました。が、当たり前に転職が可能だと思い込み安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職を検討する際は、時期を図る必要があります。基本として、今現在の職場、仕事内容について、不満に思う点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ素早く、よりキャリアアップできるように、頑張ってみましょう。

  • 転社を度々しないための対策は、とてもシンプルです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報は満載になっています。さらに、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を鍛えることが可能です。たとえば「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、刺激が山ほどあります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に向かえば、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職してすぐは、精神的に弱っていることが多いので、休みも必要です。