転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえるでしょう。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が欠かせません。会社のほぼすべては履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類の作成が大事です。必要事項を埋めるだけでなく、記載内容の魅力化を図ることも大事です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。たとえば部門の残業時間を何%減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分にプラスになるように活用をはかることも転職を成功させるための一つの手です。
  • 転職活動をしている際に、「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

  • 転職活動を行っていると面接において間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、転職理由について率直に伝えるのは問題です。転職理由でよくある給与に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社に応募しました、と巧妙に話をすり替えましょう。